近年は胃カメラ検査の技術も発達している

短時間で終わる福岡の胃カメラ検査

やっておいたほうが好ましいが、なかなかその気になれない。人が体の状態を調べる検査の中にはそのようなものがいくつかあります。一度実際に検査を受けて苦痛を感じたことがトラウマになってしまい、拒絶反応を起こしている人もいるかもしれませんね。その代表的な検査が内視鏡検査である胃カメラです。35歳以上になると健康診断を受ける機会が多くなりますが、その際に要精密検査の判定が出てしまうこともあるでしょう。
胃がん検診でそのような判定が出てしまった場合、胃カメラの検査を受ける必要がありますが、この瞬間は多くの人が嫌な気分になってしまいます。しかし、実際に胃カメラは多くの人がいうほど苦痛なものではありません。胃の中を見るために口から内視鏡を挿入している時間は数分程度であることが通常です。もちろんポリープなどがあってその場で取り除く必要がある場合はもう少し時間がかかります。
しかし、福岡の病院であれば、10分以内で検査が終了する場合が大半です。短時間で終わるとして評判のよい福岡の病院の消化器内科で胃カメラの検査を受ける人も少なくありません。のどの麻酔を10分程度行った後、施術前に鎮痛剤を投与することになるので、気付いていたら終わっていたということもよくあります。

福岡における胃カメラの現状

胃カメラというと、苦しい思いをしてバリウムを飲んだり、口からカメラを入れるのが苦痛に感じるという人が少なくありません。胃カメラは体に直接カメラを入れるので、レントゲンなどで発見できない病気を早期に発見できたり、病気の予防の点でもメリットがあります。
しかし検査にもそれだけ負担がかかるので、正直嫌に思う人もいます。特にのどが細い女性や、高齢者にとって胃カメラを飲むのは大変なことです。バリウムの後処理も大変ですが、体にかかる負担が大きいです。
しかし近年は技術の発達もあり、胃カメラが本当に小さくなりました。カメラが小さくなっただけでなく、今は口から入れる方法だけでなく、鼻からカメラを入れることもできるようになりました。全国で高い技術で検査が行われるようになりましたが、福岡においても胃カメラの技術は向上しています。鼻からカメラを入れるので、従来よりも体の負担が軽減されます。
もちろん体に異物を入れるので多少なりと苦痛はありますが、従来と比較すると本当に楽になりました。そのおかげで女性や高齢者なども、胃カメラを飲みやすくなりました。胃カメラを飲んで、病気の早期発見ができれば一番メリットがあります。胃カメラに対する抵抗感もなくなります。

オススメ記事

近年は胃カメラ検査の技術も発達している

短時間で終わる福岡の胃カメラ検査 やっておいたほうが好ましいが、なかなかその気になれない。人が体の状態を調べる検査の中にはそのようなものがいくつかあります。一度実際に検査を受けて苦痛を感じたことがトラウマに…

詳しくはこちら

インターネット検索で病院を探そう

技術のある病院を探そう 胃カメラという検査をしたことがある人は少なくないでしょう。会社や自治体の健康診断ではバリウムを飲んで、胃のレントゲン検査というのが主流でしたが、最近では胃カメラ検査をするという方法も…

詳しくはこちら

胃カメラ検査を受ける前には

福岡の胃カメラ検査について 福岡の胃カメラ検査についてですが、福岡では胃カメラ検査を行う病院やクリニックが非常に多くなっています。そのため胃カメラ検査を受けに、地方からでもやってくる人がいるのです。胃カメラ…

詳しくはこちら